譲れないのはアクアマリンの色!予算が少なくてもなんとかなる。


今回ご紹介するオーダーメイドジュエリーの主役は、色の濃さにこだわって探したアクアマリンです。

このストーリーはお客様から頂いたメールからはじまりました。

”はじめまして。先日デパートの期間限定ショップでアクアマリンのリングが気になりました。2.04カラットの丸い石の周りにメレダイヤ0.18カラットが施されています。アクアマリンの色や輝きはとても気に入りましたが、メレダイヤの輝きがほぼないので、迷ってしまいました。
御社で上記のような大きさで素敵なアクアマリンに輝きのあるメレダイヤをミル打ちするとすれば、どのくらいの費用がかかるものでしょうか?よろしくお願いいたします。”

百貨店の催事で見つけたアクアマリンリング。

アクアマリンの色と輝きは一目で氣に入ったのだけれど、周りを取り囲んでいるメレダイヤがほとんど輝いていなかったので購入には至らなかったそうです。

お客様の好みのアクアマリンは色の濃いもの。それにメレとは言えどもキラリと輝くダイヤモンドで囲んだデザインのリングはいくらで出来ますか?との問い合わせでした。

書面ではわからない所があったので、電話を差し上げて詳しくお話を聞く事にしました。

課題はアクアマリンの色と予算と

電話でお話しを聞くと、百貨店で見たアクアマリンの深いブルーの色がなんとも言えず綺麗で、この色のリングが欲しいと思ったのだそうです。

お客様のご希望はかなりはっきりとしていました。

要約すると

  • 出来るだけ色の濃いアクアマリンが良い
  • ダイヤモンドの輝きも譲れない
  • リングのデザインはクラッシック
  • 予算

の4点です。

お話を聞いてざっとイメージして、さて困ったぞと思いました。なぜなら普通にご希望通りのリングを作ると間違いなく予算内で出来ないからです。

けれども、お客様の願いは叶えてあげたい。なんとかならないかと頭の中はぐるぐるフル回転です。

そこでお客様に、絶対譲れないのは何ですか?と聞きました。

「アクアマリンの色です!」と即答でした。

わかりました。ご希望にあうアクアマリンを探してみますので少し時間を下さいとお答えして電話を切りました。

色の濃いアクアマリンは結構あります。けれど、今回の予算に入るものがあるかどうかは分りませんでした。

アクアマリン探し

色の濃いアクアマリンを探していくつもあたって見ました。

行く先々で、この色を探していたのです!と言いたくなる様な深いブルーのアクアマリンに出会いました。しかし、価格が折り合いつかないのです。

予想はしていたので、やっぱり無理かな?と思いながらもう1件訪ねた所、ここにも希望に叶う色のアクアマリンが見つかりました。

やっと見つかりました。しかも2石も。

諦めず探して良かった!

見つかったアクアマリンは以下の2石です。

1つ目はオーバルカット。もう一つの方よりもこちらの方が色が濃いです。

オーバルカットのアクアマリン。色の濃さならこちら。

もう一つはラウンドカット。

色の濃さはオーバルほどではないですが、全体のバランスはこちらの方が良いです。

ラウンドカットのアクアマリン

濃さで選ぶならオーバル。全体のバランスで選ぶならラウンド。どちらも甲乙付け難いルースです。

やっと見つけたアクアマリン。

早速お客様に連絡して、すぐ見てもらう事にしました。

アクアマリンと対面してもらうと、お客様の顔から笑みがこぼれました。

とっても氣に入ってもらえた様です。

どちらを選ぶかは悩まれました。ラウンドのアクアマリンがオーバルの色だったら完璧なのに!とオーバルにするかラウンドにするか悩んで悩んで、最終的に選んだのはラウンドカットの方でした。

クラッシックでシンプルなデザイン

石が決まったらデザインに入ります。

お客様の希望はクラッシックでシンプルなデザイン。

ミルグレインも使いたいとのお話でした。

アクアマリンが主役になるシンプルでクラッシックなデザインを考えます。

アクアマリンのクラッシックリング
アクアマリンのクラッシックリング

完成したデザイン画はこちらです。

アクアマリンをぐるりと取り囲むメレダイヤ の台座は丸みを帯びた6角形。大人の女性に似合うデザインです。

アクアマリンが横からもよく見える様にダイヤモンドとの高さ関係や構造にこだわりました。

お客様にすぐに氣に入って頂き、修正なしで制作に入る事になりました。

心待ちにしている人がいる

お客様からはリングが制作に入った頃、お手紙を頂きました。

そこには、アクアマリンリングの完成を心待ちにしているお客様の喜びの声が綴ってありました。

お客様からの手紙

”前田様、お世話になっております。いまだにあの丸いアクアマリンが頭に残ってキラキラしています。少ない予算の中でこん身のデザインをして下さり感謝しております。出来上がる事を楽しみにしております。どうぞよろしくお願い申し上げます。”

こんなお手紙をもらって嬉しくないわけがありません。

かっこいいの作らなくては〜!とますます張り切ってしまったのは言うまでもありません。

そして出来上がりました。アクアマリンのリング。

アクアマリンリングの出来上がり

納品の日、リングを見た瞬間のお客様はずっとニコニコ。

早速身につけて記念写真をパチリ。

身につけて記念撮影
身につけて記念撮影

数日後、結婚記念日にご主人とお出かけされる予定があるそうで、このリングを付けて出かけるのを楽しみにしていると楽しそうに話されていました。

今回は予算的に苦労しましたが、最終的に喜んで頂けて良かったです。

希望のアクアマリンが奇跡的に見つかったのはタイミングが味方してくれました。

お客様がこんなに満面の笑顔で身につけてくれるジュエリーを作る仕事。その楽しさがわかって頂けますよね!?

KELENへのお問い合わせ