プレゼント用ジュエリーはこれを選べば正解!2つの質問でピタリと当たる。

プレゼント選びの心は伝わります!

普段買わないジュエリー。プレゼントに何を選べば間違いないの?

ジュエリープレゼントを選ぶ時に、リングやネックレス、イヤリングの中から何を選べばいいのか悩みませんか?そこで、このページでは喜ばれるジュエリーアイテム(リング、ネックレス、ブレスレットなど)の選び方をご紹介します!

他のジュエリープレゼント関連記事

ジュエリーのアイテムが知りたいのではなくて、

プレゼントの予算で悩んでいる方は、妥当な予算がわかる
誕生日、結婚記念日、クリスマスプレゼント。ジュエリーの予算っていくらが妥当?

デザインの好みがわからない!という方は、スマホでできる好みのデザインチェック方法を紹介している
趣味じゃない〜!とがっかりされない。失敗しないジュエリープレゼント選びの極意

オンリーワンジュエリーをプレゼントしたいけど、どうしたらいいの?詳しい事教えてくれない?という方は
オンリーワンジュエリーをプレゼントしたいと思ったら

誕生日プレゼントなら、その日ごとに違う366日の誕生日石を紹介している
366日の誕生日石

を参考にして下さいね。

また、このページは長文です。長い!全部読めない!と思った場合、目次を見て目的の場所に飛んで下さい。

目次

1.何を基準にジュエリーのアイテムを決めれば良いのか。

さて、ジュエリーのアイテムは指輪(リング)、ネックレス、ピアス・イヤリング、ブレスレットなど色々あるので、どれにするか悩みますよね。いちばん最初に言えるのは、贈る人に喜ばれるアイテム選びは日頃の観察がモノを言いうということです。

と言うのも、女性が身につけるジュエリーアイテムは人によって傾向があるものなのです。指輪が大好きで付けていないと落ち着かない人もいれば、指輪はほとんど付けない人もいます。ピアス・イヤリングをよく付ける人もいれば耳には何も付けないと言う人もいます。贈る女性がどのアイテムを好むのか、日頃さりげなく気にして見てください。きっと傾向があります。
また、アクセサリー類をいっさい着けない女性は、つけない理由も気にしてみましょう。ひょっとして金属アレルギーで付けたくても着けないのかもしれません。
また職場の服装のルールで、リングは結婚指輪以外不可という職場や、ジュエリーそのものが付けられない職場にお勤めの女性もいるので、普段の会話で聞いておくといいですね。

けれども”観察してるけどやっぱり女性のジュエリーの事はよくわからない”そう言う男性も多いはずです。大丈夫、心配はいりません。プレゼント用ジュエリーを選ぶ時にどのアイテムを選べばいいのか、だれでも出来るジュエリーアイテムの選び方をご紹介します。

読んで自分で選ぶより、お任せで作っちゃいたい。と思った方は↓下の長文を飛ばして、最後のこのあたりをお読みください。

2.ジュエリーアイテムの種類とアイテム別注意点

まず最初にジュエリーのアイテムを選ぶ前に、どんなアイテムがあるのか解らない人もいると思いますので、簡単に代表的なジュエリーのアイテムを説明します。また、アイテムごとに選ぶ時にぜひとも注意して欲しいポイントも書きましたので、喜ばれるプレゼント選びにぜひ役立てて下さい!

2-1 指輪、リング

細身の指輪の重ねづけ
細身の指輪の重ねづけ

指輪とは、指周りを飾るジュエリーの事を言います。指にはめる部分の基本的形が輪状の形をしている事から指輪またはリングと呼ばれ、宝石を留めたものや、モチーフの形をあしらったものなど多彩なデザインがあります。また、はめる指にはそれぞれ意味があるとも言われているので、プレゼントを選ぶ場合は贈る相手のどの指にはめるのか決めて下さい。
指輪を選ぶ場合、最重要なのがサイズです。もらった時にあまりにぶかぶかだと「えっ!私ってこんなに大きいと思われてるの?」と少なからずショックですし、逆に小さくて入らないのもちょっと残念な気持ちに。出来ればピッタリサイズを選びたいです。リングサイズの調べ方はサプライズプレゼントのために指輪のサイズをこっそり調べたい時はどうしたら?に詳しく書きましたので是非参考にして下さい。それでもサイズが違っていたら、買ったお店にお直しをお願いしましょう。購入後サイズ直し1回無料サービスなどを付けているショップもあります。購入時に確認して下さいね。ちなみにKELENでは安心してプレゼントして頂ける様に、リングの初回サイズ直しは無料です。

2-2 ネックレス、ペンダント

ネックレスと長さ違いのペンダントの重ねづけ
ネックレスと長さ違いのペンダントの重ねづけ

”ネックレス”とは、首回りにつけるジュエリーの呼称です。”ペンダント”はネックレスのうち、チェーンに宝石が垂れ下がっている様なデザインのものを言います。照明器具でもペンダントというタイプがありますよね。それと同じです。
アイテム選びに困った時は、ネックレスを選ぶのが無難ですが、初めてのネックレスならば避けたほうが良い貴金属の色があります。金でもホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドと大きく3つの色がありますが、この3つで1色だけ選ばないほうが良い色はイエローゴールドです。
イエローゴールドは華やかな印象になるのですが、着ける場所によっては派手すぎる印象にもなります。服装規則がない会社にお勤めなら気にしないで良い事ですが、規則が厳しい会社だと、イエローゴールドのネックレスは身につけられない場合もあります。
選ぶならホワイトゴールドかピンクゴールドを選んで下さい。ピンクゴールドは肌に馴染むので品の良い華やかさになりますよ。

2-3 イヤリング、ピアス

イヤリングはデザイン豊富。贈る女性の好みにあったものを選んで。
イヤリングはデザイン豊富。贈る女性の好みにあったものを選んで。

イヤリングは耳または耳の周囲を飾るジュエリーの事を言います。日本ではイヤリングのうち、耳に開けた穴に通して固定するタイプのものをピアスと言いますが、欧米では穴に通すタイプ、耳たぶを挟むタイプのどちらもイヤリング(Earrings)と言います。小ぶりなものから大振りなものまで様々なデザインがあります。
また、女性にとって信じられない話なのですが、ピアスホールを開けていない女性にピアスを贈った男性の話を聞いた事があります。きっと男性にとってピアスホールが開いているのか、いないのかは判別しにくいのでしょうね。ピアス・イヤリングはいくつあっても困らないですし、洋服にあわせて付け替えたいアイテムなので、もらったら嬉しいです。だから贈る女性がピアスホールを開けているのかいないのか?それだけはチェックして下さい。そんなの見た目じゃわかりません!という男性なら普段のデートで、それピアス?かわいいね。など聞いて女性の返事からチェックして下さい。

2-4 ブレスレット

ブレスレット。重ねづけする事も多いアイテム。
ブレスレット。重ねづけする事も多いアイテム。

ブレスレットは、手首周りのジュエリーの呼称です。ブレスレットは重ねづけする事も多いアイテムなので、プレゼントする場合は普段どんなデザインのものを着けているのかチェックして着け回ししやすいデザインを選ぶのがポイントです。
また、重ね付けするとどうしても傷がつきやすいです。ブレスレット同士がぶつかりますし、手首はよく動く場所なので色々な所にぶつかります。貴金属はぶつかると傷が付いてきます。それは仕方のない事ですから、華奢なタイプのブレスレットを選んで下さい。細身なら傷がついても気になりません!

3.いよいよ本題!ジュエリーアイテムの選び方

さて、ジュエリーのアイテムの種類がわかったところで、いよいよ本題のアイテム選びのコツです。読み進めながらジュエリーに関する質問に答えると、贈るべきアイテムがわかる様になっています。あなたがジュエリーを贈る事を想定して、思い浮かべながらさっそくチェックしてみてくださいね。

もし、「たぶん選べないと思うからお任せで作っちゃいたいな。。」と思ったら↓下のチェックを飛ばして一番最後を読んで下さい

ではStart!

3-1 Q1,普段ジュエリーを身につけているのを見た事がない。

Yes→

ジュエリーを全く身につけない女性の中には、金属アレルギーや、ジュエリーそのものに興味がないなどの理由で身につけない人もいます。贈ろうとしている女性がジュエリーを身につける人なのかどうか、普段の会話などで確かめておきましょう。
金属アレルギーの女性にジュエリーを贈る場合は材質を気にして下さい。今のジュエリーはアレルギーを考慮して作られているものがほとんどですが、それでも反応する人はいます。アレルギーは命に関わる事もあるので慎重に判断して下さいね。貴金属以外のレジンなどの素材ならアレルギーを気にせずプレゼント出来ます
ジュエリーを着けていない理由がアレルギーでなければ、最初のジュエリーは受け取りやすく、身につけやすいものがおすすめです。はじめてでもあまり気負わず着けられるネックレスはいかがですか?指輪は婚約や結婚の時に贈る事もあってネックレスより親密な関係と感じるので、場合によっては受け取る女性にはちょっと荷が重く感じられてしまう場合があります。その点ネックレスなら受け取りやすいです。

No→

どのアイテムを着けていますか?
指輪をよくする女性なら、手持ちの指輪と重ね着け出来る様なシンプルデザインの指輪が使いやすく喜ばれます。選ぶ際には素材にこだわって下さいね、シンプルな指輪は素材や作りの良し悪しが見た目に出ますから。
ゴールドには様々な色があり、いちばん多いのがイエローゴールド。それ以外にはホワイトゴールド、ピンクゴールドが人気です。宝石はダイヤモンドはブライダルの印象が強いので、色のある石のほうがカジュアルな印象でプレゼント向きです。ルビー、サファイア、ピンクアメシスト、アクアマリンなど沢山の種類があるので、女性の服装などから似合う色の宝石を選んで下さい。
また、指輪をいつもしている女性には、あまり持っていないアイテムをプレゼントするのも手です。その場合ネックレスなら指輪と一緒につけられるのでおすすめです。

ピアス・イヤリングを着ける女性なら、すでにいくつか持っていて、その日によって付け替える人も多いはずです。まだ持っていないタイプをプレゼントすると喜ばれます。好みに傾向がありますか?小さいものを好む人もいれば、大きいものを着けるのが好きな人もいます。
また、ショートヘアで耳が見える女性ならアクセントになるデザインのものを選ぶと良いです。素材は貴金属や宝石を使ったものもいいですが、ピアス・イヤリングはレジン、ガラス、木、その他の素材でも面白いデザインが沢山あります。似合いそうなデザインを選んでプレゼントして下さい。セミロング・ロングヘアの女性なら、チラリと見えた時にキラリと輝く1粒ダイヤモンドや、動くたびに揺れるタイプのものがおすすめです。
ピアス・イヤリング以外なら指輪がおすすめ。ネックレスは耳と距離が近いので一緒に着けると”やりすぎ感”が出る場合があります。その点指輪ならピアス・イヤリングとの距離感が程よく一緒に着ける事が出来ます。

ネックレスを好んで着ける女性なら、持っていない色や素材のもの、長さの違うものをプレゼントすると喜ばれます。普段ホワイトゴールドのネックレスをしているのならピンクゴールドを選んだり、同じくホワイト系の素材でも長さの違うものを選べば上記の写真の様に重ねづけをする事も出来ます。
また、ネックレス以外のアイテムでは指輪がおすすめです。普段ホワイト系のネックレスをしている女性には、同じくプラチナやホワイトゴールドのホワイト系貴金属を使ったリングを贈れば、手持ちのネックレスと一緒に身につけてもバランスよく見えます。

ブレスレットは重ねづけする事が多いアイテムです。プレゼントを選ぶ場合はそれを考慮して合わせやすい細身のものをチョイスして下さい。素材や色が違うものでも重ねづけすると様になってしまうのがブレスレットの良いところです。ピアス・イヤリングと同様に、貴金属以外のレジンなどの素材のものが手頃な価格で沢山あります。贈る女性に似合いそうなものをいくつか選んでセットでプレゼントするのもありですね。例えば色を水色系で統一して、ターコイズやブルートパーズ、水色のレジンやガラスをつかったブレスレットをいくつかプレゼントするのも良いです。
また、ブレスレットと相性の良い他のアイテムは指輪です。色や素材を同系で揃えたブレスレットと指輪のセットをプレゼントしても喜ばれます。

3-2 Q2,贈る相手は会社勤めしている。

Yes→

Q1の質問がYesで、この質問の答えもYesだった女性は仕事中も休日もジュエリーを身につけない女性。ジュエリーに興味がないのか、それとも、興味はあるけれど職場で着けられないから買わないだけなのかどちらでしょうか?後者なら、あなたがジュエリーをプレゼントしたら喜んでもらえるはずです。
また、Q1がNoでこの質問がYesの女性は職場にも着けて行けるジュエリーをプレゼントするのか、それとも休日用にと考えるのかで選ぶものが変わってきます。というのも、贈る女性が会社勤めの場合は、ジュエリーを着けて会社に行けるかどうかが一つのポイントになるからです。指輪は結婚指輪以外は不可、あるいは指輪は一切だめという職場がありますので、もし指輪をプレゼントに考えている時は、女性の職場はどうなのか一度聞いてみてください。職場でも身につけられるジュエリーとしてはネックレスが優秀です。ネックレスなら制服の胸元から見えても派手ずぎない華やかさがあって、仕事中にふさわしいおしゃれが出来ます。
服装規定が厳しく、なにも着けられない職場であれば、いっその事お休みの日に着けられるものを選びましょう。その時は下記のNoの場合のアドバイスが参考になります。

No→

会社の服装規定などに縛られない女性にジュエリーをプレゼントする場合は、Q1の答えが大切になります。Q1の答えがYesだったら、ジュエリーをあまり身につけていない女性。プレゼントを買うなら、さりげなく好みをチェックして喜んでもらえるジュエリーを贈りましょう。
Q1の答えがNoだったのならQ1→No!の身につけているジュエリーアイテムごとのアドバイスを参考にして下さいね。

4.アイテムはわかった。次は実際にジュエリー選び!

さて、プレゼントするアイテムが決まったら、いざジュエリー探しです。

次はジュエリーショップへ行って、好みのジェリーを選びましょう。

お店へ行って選べる人は良いのですが、もし、彼女の、奥さんの好みわからない!という方は、好みのデザインチェック方法を

趣味じゃない〜!とがっかりされない。失敗しないジュエリープレゼント選びの極意

に書きました。スマホで簡単に好みを見つけるアイデアをご紹介していますので、ぜひ読んでくださいね。

5.他とは違うこだわりジュエリーを見つけるならここ!

人とは違う、他の人と絶対かぶらない。そんなオンリーワンのジュエリープレゼントをお探しなら、テマエミソですがKELENの”石から選ぶオーダージュエリー”がおすすめです。

宝石リストから好きなものを選んで、世界で一つだけのプレゼントジュエリーを作ることができるんです。色やイメージにぴったりの石をリクエストする事もできますし、サイトのおすすめジェムストーンから好みのものを選ぶ事もできます。オーダーメイドのジュエリーはご注文から4週間でお届け。ぜひチェックしてみて下さいね。

「買いに行くのだってハードル高いのに、オーダーするなんてムリです!」という方は

プレゼントジュエリーの作り方特設ページをご覧ください。

「結構簡単かも」と思えます(笑)

6.おまけ。各ジュエリーブランドの商品構成から探る

では最後に、有名ジュエリーブランドの商品構成をみてみます。ジュエリーブランドでは、売れ筋を読みきちん商品構成されているので、世の中ではどんなジュエリーアイテムが売れているのか知るヒントになります。
例えば、クリスマスシーズンになると、各ジュエリーメーカーはクリスマス商戦に向けて魅力的なジュエリーを発売します。その傾向を見る事でどのアイテムが売れ筋なのかわかります。ではさっそくクリスマスを例に、女性に人気のあるジュエリーブランドの商品構成をみていきましょう。

まずティファニーです。

tiffany
ティファニーサイトより

ティファニーには幾つかのラインがありますが、これはクリスマスプレゼント向けのラインです。画像は上の方しか写っていませんが、実際は18アイテムあります。
内訳はネックレス・ペンダント9アイテム、指輪・リング2アイテム、ピアス・イヤリング3アイテム、ブレスレット・バングル3アイテム、チャーム1アイテムです。
ネックレス・ペンダントが圧倒的に多いですね。

次は4Cです

4Cのサイトより
4Cのサイトより

上はオンラインショップのトップ画像ですが、明らかにネックレス・ペンダントが多いですね!4Cはサブブランド含めると数が膨大なので、数を数えるのではなく、アイテム別掲載ページ数をカウントしました。
結果はネックレス・ペンダント12ページ、指輪・リング3ページ、ピアス・イヤリング4ページ、ブレスレット・バングル2ページ、チャーム1ページ
やっぱりネックレス・ペンダントが多いですね。

この結果を見ると、圧倒的にネックレス・ペンダントが多いですね。つまり、ネックレス・ペンダントがよく売れるという事です。
なぜ売れ筋なんだと思いますか?それはブランドからすると”売れるから”つまり買う側からすると”買いやすいから”なんです。リングのようにサイズを知る必要もありませんし、ピアス・イヤリングやブレスレットのように膨大なデザインから選ぶ手間もない。普段ジュエリーをつけない男性にとってよくわからないから、無難にネックレスにしておこうになる気持ちは良くわかります。

でも、これを読んだあなたなら、”無難にネックレスにしとこう”から一歩進んで女性の好みを考えたジュエリープレゼントを選べるはずです。

ジュエリー選びは心を込めてね
ジュエリー選びは心を込めてね

結論

プレゼントジュエリーは、贈る女性の好みをさりげなくチェックして、身につけてくれるアイテムを選んで下さい。彼女の好みにぴったりなジュエリーを贈れたら、かなりポイント高いです!プレゼントを選んだ人の気持ちは相手に敏感に伝わります。プレゼント選びは”物”だけでなく”心”も贈るのだという事を忘れないで下さいね!

ここまで読んだけれど、やっぱり、どーーーしても選べない!という方は、好みのジュエリーを作っちゃうという手もあります。ちょっとだけ宣伝入りますが、KELENなら予算5万円から世界に一つだけのオンリーワンジュエリーが作れます。完成までの期間は約1ヶ月。それなら作っちゃおうかな?と思ったら、オンリーワンジュエリーの作り方が詳しくわかるプレゼントジュエリーの作り方特設ページをご覧ください。

もう読むのめんどう!という方は

「こんなの作りたいんです」

「どんなのがいいのかな?」

など、ここからお問い合わせ下さいね!

 

この記事はKELENが書きました!

楽しく読めるジュエリーにまつわるお役立ち記事を書いていきますので、これからもよろしくお願いします!

関連記事

貴金属には宝石をまもる役目も

意外と知らない?モース硬度別正しいジュエリーのお手入れ方法

ジュエリーに使われる宝石の中でダイヤモンドが一番硬いのはご存知だと思います。その… 詳しく見る意外と知らない?モース硬度別正しいジュエリーのお手入れ方法

プレゼント選びの心は伝わります!
着色メノウのアクセサリーパーツ。ナイフが滑って傷つかない。

宴会芸のネタに使えるかも?宝石そっくりさんの見分け方

先日ネットで調べ物をしていてジェムストーンについて気になる文章がありました。 「… 詳しく見る宴会芸のネタに使えるかも?宝石そっくりさんの見分け方