ジュエリー貴金属の訪問買取トラブル防止と撃退法!高齢者の被害を減らすために。


先日新聞を読んでいた時か、それともネットニュースを見ていた時か記憶が曖昧なのですが、目に入ったタイトルに思わずあっと声をあげました。

「靴靴詐欺にご用心!」

 

靴靴詐欺。その手口は数週間前に実家に行った時、不機嫌な顔の母が言っていた事とソックリでした。

さっき変な電話がかかってきたのよ。いらない靴はないですか?どんなに履き古した靴でも”無料”で買取りますよって。汚い靴を買い取ってどうするの?売るのかしら?新品の靴がこれだけ安く売られているご時世に、そんな汚い靴洗って中古で売って買う人いるわけないじゃないのね。戦争中じゃあるまいし。詐欺よきっと。

母はそう言うと、前は古着を買い取るとか、不用品なんでも買い取るとか電話が絶えないけれど、最終的に貴金属を無理やり買い叩く悪徳業者でしょと続けてました。さすが我が母!しっかりしています。どうやらまだ認知症の心配はいらないみたいです。

そうです、母に掛かってきた電話がまさに「靴靴詐欺」です。

靴靴詐欺の手口はこうです。

誰の家でも1足はある履き古した靴を買い取ると電話が来ます。承諾すると買取業者が家にやってきます。

買取業者にとって、玄関の中に入ってしまったら成功したも同然です。玄関に承諾なしに入ると不法侵入罪ですが、家主の承諾を得て入っていれば合法です。なぜ買い取る商品が靴なのかと言えば、玄関に置いてあるからです。靴の買取をするなら、確実に玄関内に入れますよね。

靴はあくまでも家の中に入る手段。さて、ここから本命を狙ってきます。

「ついでですから、他になにか不良品とか、使わないものとか持って行きますよ。」

履き古した靴のためにわざわざ来てもらったという申し訳ない気持ちから、他になにかないかと考えてしまうのを読まれています。

業者は来た時から玄関先で帰るつもりはありません。上がり込み、着物や貴金属を物色してこれはと思ったものは色々上手い事を言って買取を迫ります。

買取はクーリングオフが適用されますが、実際は、一度買い取られてしまったものを取り戻すのはほぼ不可能と思ったほうが良いです。消費者センターにも訪問買取に関する相談がたくさんあり、高齢者を狙った悪質な買取業者が後をたたない事が伺えます。

もし、買取してもらいた場合は買取業者の店舗に出向いて出張を依頼して買い取ってもらうのが一番良いです。

生前整理や断捨離が流行っている昨今、訪問買取をして欲しいという人もいるでしょう。その際はその業者が信頼できるか出来ないか確認する事をお忘れなく!

訪問買取業者の全てが悪徳ではありませんが、靴靴詐欺はじめ、悪質な訪問買取業者を撃退するために簡単で有効な方法をご紹介します。

訪問買取の電話が来たらする事

電話で応対する時には以下の事を聞いてください

1、古物商許可証の有無の確認
「古物商許可証(こぶつしょうきょかしょう)はもっていますか?」と聞いてください。
そもそも、古物商許可証を持っていないと買取はできません。

2、古物商許可番号の確認
許可番号は各都道府県の公安委員会から出されています。東京の会社の場合、東京公安委員会から発行されるので、東京公安委員会000000000000という都道府県公安委員会名の後に18桁の番号で表します。全うな商売をしている買取業者なら、即答出来ます。あれこれ言い訳したり、答えられない業者は怪しいと思って間違いありません。訪問を断りましょう。

3、古物商許可免許に登録されている会社名と電話番号を聞く。
実在する会社なのかどうか後で調べるために絶対に聞いて下さい。これが答えられないようであれば怪しい業者と思って間違いありません。

4、来訪の約束は急がない。
今すぐ買い取ってもらう必要がなければキッパリと断りましょう。訪問してもらう場合でも、今すぐ行くと言われても当日の訪問は絶対に約束しないで下さい。少し時間を置いてください。

悪質な買取業者を家に入れたら最後、勝負は決まってしまっています。相手は手ぶらでは決して帰りません。玄関内に入れない事。それが一番です。

 

訪問時に気をつける事

1、玄関内に入れる前に古物商許可証、または行商従業者証を確認し、メモする
古物商許可証は、電話の時にメモした古物商許可証番号、住所、会社名と一致するか、

行商従業者証は、表に氏名、生年月日、顔写真があるか、裏は会社名、住所、許可番号、扱う商品(貴金属、車など)の明記があるか確認しましょう。

電話で聞いた番号と違ったり、メモを取る事を嫌がったら絶対に玄関の中に入れてはいけません。

行商従業者証は下図のように様式が決まっています。素材はプラスチック、またはそれに準ずるものと決められているので、紙にコピーしたようなものを持っていたら疑うべきです。

行商従業者証表面
行商従業者証表面(警視庁サイトより
行商従業者証の裏面
行商従業者証の裏面(警視庁サイトより)

材質は、プラスチック又はこれらと同程度の耐久性を有するものとしてください。
・大きさは、縦5.5センチメートル、横8.5センチメートルです。
・表面の「氏名」、「生年月日」欄には、行商をする当該従業員の氏名及び生年月日を記載してください。
・「写真」欄には、行商をする当該従業員の写真(縦2.5センチメートル以上、横2センチメートル以上のもの)を貼り付けてください。
・裏面は、許可内容を記載します。許可証をよく確認して間違いのないように作成してください。
・「古物商の氏名又は名称」欄には、個人許可の場合は、氏名、法人許可の場合は、法人の正式名称
・「古物商の住所又は居所」欄には、個人許可の場合は、許可者の住所、法人許可の場合は、法人の住所(営業所の住所ではありません)
・「許可番号」欄には、「公安委員会名」、「許可番号」
・「主として取り扱う古物の区分」欄には、届け出ている主品目を記載してください。
警視庁サイトより:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/
tetsuzuki/kobutsu/ihan/gyosho.html

2、電話で言っていた品以外のものはその場で買取を絶対に決めない。
平成24年度に特定商取引法の改定が行われて、依頼のない買取が出来なくなりました。つまり、電話で靴を買い取ると言っていたのなら、基本的に靴しか買い取れません。他のものを強引に買い取ろうとしても、買取をその場で承諾しないでください。あまりにしつこければ「警察に電話しますよ」と言ってください。それでもだめなら110番しましょう。

3、買取目録を受け取る
訪問買取業者に買い取ってもらったら、その品名、個数、買取価格、買取日時を明記した買取目録を受け取ってください。また、業者の連絡先と担当者名が入っている事も忘れずに確認して下さい。

4、クーリングオフについて確認する
買取目録を受け取った日から8日以内はクーリングオフ出来ます。買取時に業者はお客様にクーリングオフについて説明しなくてはいけません。また、この期間は買取品を業者に渡さずに手元においても構いません。「8日後に品物は引き渡します」と言って一度冷静に考え、やっぱりやめようと思ったらクーリングオフ出来ます。

貴金属の訪問買取は業者選びを慎重に
貴金属の訪問買取は業者選びを慎重に

まとめ

訪問買取を依頼するなら、自分から業者の店舗に出向いて依頼するのが安全です。

残念ながら、一度買い取られてしまったものを取り戻すのはほぼ不可能です。後悔しない様に、上記の方法を守って下さい。

悪質な訪問販売から高齢者を守るために、訪問販売業者チェック表を作りました。A4サイズで印刷するとお年寄りでも見やすいです。ダウンロードして&印刷して電話の前に貼ってお役立て下さい。

とはいえ、被害に遭う人のほとんどは高齢者で、パソコンやスマホを持っていない人がほとんどだと思いますので、このブログはまず見ていないでしょう。もし、今このブログを見ているあなたに高齢の親御さんがいたら、チェック表とチラシをダウンロードして電話の前に貼ってあげて下さい。

合わせて消費者庁作成の訪問買取の注意を促すチラシも添付しています。

ダウンロード!訪問買取の電話が来たらコレにメモしよう!

ダウンロード!消費者庁作成の訪問買取の注意を促すチラシ

関連記事

毒入りリング(ポイズンリング)は本当に毒殺に使われたのか?

職業病って確実にありますね。 私の場合は、ジュエリーにまつわる文字が目に入ると、… 詳しく見る毒入りリング(ポイズンリング)は本当に毒殺に使われたのか?

琥珀糖
大きいダイヤモンドのイメージ画像です