宝石の資産価値とは何か 買うべき資産価値のあるジュエリーとは

宝石の価値とは

宝石の資産価値とは何か

宝石には資産価値があるのでしょうか?将来、売却した時に買った時より高く売る事は出来るのでしょうか?このページでは、この問いの答えを探したいと思います。ジュエリーを買う時に、これなら資産価値がありますよと勧められた時に、的確に判断できる様お役に立てれば幸いです。なお、この記事は、様々な資料を参考にして誰にでもわかる数字を基準に筆者が見解をまとめたもので、できるだけ公正性を保つように配慮しているつもりです。しかしながら、最終的な判断は各自が行うようにお願いします。

宝石の基本要件とは

まず、宝石とはなんでしょうか?

宝石と呼ぶには、下記の3点の全てを満たす事が要件になります。

1、美しい事

色が美しい事、透明度がある事など

2、耐久性を持つ事

硬度がある事、衝撃に強い事、耐火性、耐薬品性など

3、希少性がある事

産出量が少なく、入手が困難である事

このどれか1点でも欠けると価値が低くなると言われています。

ここで大切なのは、同じ鉱物でも全てが宝石になれるわけではない事です。宝石の王様と言われるダイヤモンドを例にとっても、研磨剤などの工業用に使われる品質のダイヤモンドからジュエリーに使われる品質のもまであり、同じ鉱物全てが宝石になれるわけでは無いことがわかります。ダイヤモンドの品質を示す指標として有名なのは鑑定に使われる4C(クラリティ、カラー、カット、カラット)ですが、これは宝石の3要件の中の1、美しい事と3、希少性がある事(カラット数が大きいもののみ、小さいものは希少性はない)を満たす要件と言えます。

3要件の例外

けれども実際には、上記の3つの基本要件の線引きは曖昧です。鉱物ではない真珠やサンゴ、琥珀は酸や熱に弱く、耐久性には劣りますが宝石として扱われていますし、エメラルドは内部に細かい割れがあって、とても割れやすい事は有名です。ただエメラルドに関しては、その弱点を補う意味で樹脂を含浸させるなどのエンハンスメントを行う事で弱点を補正しています。ダイヤモンドも現在は供給過多にあると言われていて、3の希少性に当てはまるのかという議論もあります。

この様に3要件には曖昧な部分もありますが、共通しているのは”1の美しい事”は全ての宝石が満たしているという事です。

宝石の価値

次は宝石の持つ価値を定義しておきましょう。宝石には大きく分けて3つの価値があります

1、装身的価値

宝石には身につけて楽しむ価値があります。その場合、宝石だけでは身につける事が出来ませんから、宝石を生かし、ジュエリーに仕立て身につけます。

2、物質的価値

物質的価値とは宝石そのものの物質としての評価をいいます。これは、上記の宝石の3要件が基本となって決まります。不純物がなく、クリアで綺麗な色を持ち、大きさが並外れた宝石は物質的価値が高くなります。

3、観賞的価値

美しい宝石は見る者を楽しませます。世界には、手頃な価格のものを中心に集めている人や、一部の人しか手に入れられない様な高価なものを所有する人まで、様々なスタイルのコレクターがいます。

この3つの価値はどの宝石でも持っている価値ですが、その程度には宝石ごとに非常に幅広い差があります。宝石に資産価値を求めるのなら、非常にレベルの高い3つの価値が求められます。

宝石の価値とは
宝石の価値とは

宝石の資産価値

資産に求められる条件

宝石に限らず、一般的に資産に求められる条件を考えてみます

1、流動性 いつでも換金できる事

資産は換金のしやすさも目安になります。宝石は金(ゴールド)とは違い、相場がはっきりとしていない為、多くの場合は売買価格がわかりにくくなっています。また、売りたい時に買い手がすぐにいるかという問題もあります。金(ゴールド)であれば、日々の相場があり、その額で売買ができるので、価格が非常にわかりやすいですし、売ろうと思ったその時に売る事が出来ますので、流動性が高いと言えます。
しかし宝石でも、欲しいと手を挙げる人が必ずいる様な希少性の高いものであれば流動性は高くなります。それがどういう宝石かと言えば、天然で有る事は当然ですが、カラット数も大きく、透明度が高く、色の良い宝石です。

2、収益性 所有する事で収益を産むか(配当や価格の上昇、元本の保証)

宝石は所有している間は配当を生んだり、元本(買った時の値段)を保証される事はありません。価格の上昇に関しては、近年の例ではパライバトルマリンの様に、ごく稀に価格が急上昇する宝石もあるので絶対ないとは言えませんが、いつどの様な要因で上がるか(あるいは下がるか)非常に予測しにくく、価格差益を狙って購入するには不向きです。

3、保存性 経年変化をしないもの

宝石は一見保存性は高い様に見えます。しかし、火事や地震などの災害にあった時に、宝石はダメージを受ける可能性が高く、一旦ダメージを受けると価値は落ちてしまいます。それとは対照的に、金(ゴールド)は地震で何かに潰されて形が変わってしまったとしても金で有る事には変わりありません。

資産価値のある宝石とは

上記のことから、宝石は資産として購入するにはあまり向いていないと言う事が出来ます。ほとんどの人にとって宝石は資産価値を期待して買うものではなく、装身的価値を重視して選び、身につけて楽しむものではないでしょうか。

しかしながら、中には資産価値があると言って良い宝石もあります。

宝石の中でも資産価値があると言って良いものの条件は

1、カラット数、透明度、カラーなどの品質がそろった天然のもの

2、極めて希少性の高いもの

の2つを満たすものだけであり、それはかなり限られる事がわかると思います。このクラスの宝石を資産として所有することをこれから考えるより、身につけて楽しめる宝石をあなたの感性で選ぶことをお勧めします。

関連記事

真珠のお手入れは難しくありません

真珠のプロに聞いた真珠の正しいお手入れと保管方法

真珠はデリケートでお手入れが大変と思っていませんか?実際そうおっしゃるお客様が少… 詳しく見る真珠のプロに聞いた真珠の正しいお手入れと保管方法

宝石はウソをつかない。インクルージョンが語る本当の事

インクルージョンとは宝石の内包物の事ですが、鉱物ならほとんど必ず入っているもので… 詳しく見る宝石はウソをつかない。インクルージョンが語る本当の事