同じ18金のジュエリーなのにどうして値段がこんなに違うの?と疑問に思った事はありませんか?

金合金のバリエーション

ジュエリーをあれこれ選んでいる時に

なんだか似たようなデザインなのに値段が全然違う。なぜ??

と疑問に思った事はありませんか?

あるある!と思った人には、この記事がきっとお役にたつと思います。ジュエリーを買う予定の人はぜひ読んでからお店へ行って下さいね。

ジュエリーの値段が変わる要素

見た目が同じようなのに値段が結構違う場合、その差を作っている要素はだいたい3つあります。そのうちの一つは素材の値段の差です。今日はその素材の違いと価格の違いについてお話しますね。

ジュエリーとアクセサリーの呼び名の違いについて

まず最初に説明しておきたいのが、ジュエリーとアクセサリーの違いです。日本ジュエリー協会で定められた定義では、装身具の中でも無垢の貴金属と天然石で作られたもののみをジュエリーと呼ぶと定義されています。そのため、筆者はこの定義にそって、貴金属と天然石でできている装身具はジュエリー、それ以外はアクセサリーと明確に呼び分けています。これは、お客様が買う商品の素材について知る権利を守るために、売る側の当然の責任だと思っているからなんです。
けれども素材の表示を曖昧にしたまま販売しているサイトも多く見られます。ジュエリーの商品説明に”ゴールド仕上げ”と書いてあるのを目にしましたが、ゴールドの無垢なのか、金メッキなのか、それとも金色している他の金属なのか全くわかりません。真鍮も鏡面に磨いた直後は金色に見えます。意図的に曖昧にしているのか、そもそも商品知識がなく曖昧にせざるを得ないのかはわかりませんが、売る側の責任を果たしておらず、不親切だと思います。
もっとも、海外では素材が無垢の金であろうが金メッキであろうがJewelryとして売っている国も多いので、上の定義は日本に限られます。

ですが、日本でジュエリーを売る以上お客様が混同する事を避ける為に、ジュエリーとアクセサリーの呼び方はきちんと分けるべきと思いますし、素材も詳しく表記するべきと考えています。もちろん、お客様がジュエリーとアクセサリーを混同して使うのはまったく構いません。

つまり、似たようなジュエリーなのに値段の差がある場合、価格が抑えられているものの中にはアクセサリーが含まれている可能性があります。

と書いておきながら、このページではわかりやすさを優先してジュエリーもアクセサリーも”ジュエリー”と呼ばせて下さい。

金合金のバリエーション

ジェリーに使われる素材の違いについて

まず、ジュエリーに使われる素材は大きく二つあって、石と金属です。

石は、天然石、ガラス、プラスチックなど素材によって価格は大きく変わります。同じ種類の天然石でも品質の違いで値段は違ってきますし、希少性から高価なものや、手に入り易いため手軽な価格のものもあります。

金属は大きく分けて、無垢の金属、金属の上に他の金属をコーティングしたものの二つの分けられます。
最初の例は無垢のゴールドやプラチナなどです。(厳密にはこれらの貴金属も仕上げにメッキをかける事があります。詳しくは“ジュエリーを買う時に気にしてる?メッキがかかっているのは安い!は間違いです。”をお読みください)このゴールドやプラチナは貴金属の含有率によっても値段が変わります。例えば、24金が純金ですが18、14、12、10金の順番に含有率が下がるほど値段も安くなっていきます。
後者の例は、真鍮などの非貴金属に金メッキをかけたもの(ゴールドプレーティング)や、金を圧着させた金貼り(ゴールドフィルド)の事を言います。金属の中まで貴金属を使っていないぶん価格を抑える事ができるのです。
表面が18金で出来ている同じボリュームのジュエリー3つあったとして、貴金属の量の多い順に並べると、

無垢の18金製>18金ゴールドフィルド>18金メッキ

となり、価格も同じ順番で差が出ます。

ジュエリーの素材の見分け方

実際に買う時に素材を見分ける方法ですが、ショップで実物を見れる時は刻印を見てください。刻印が無い場合やネットで買う時はショッップのスタッフに訪ねたり、問い合わせをしてください。

無垢の貴金属を使っている場合は先ほどもご紹介した日本ジュエリー協会の基準にのっとった刻印があるはずです。けれども、海外でつくられているジュエリーの場合は違う刻印が入っている場合がありますし、非貴金属のものは別の刻印が入っている場合もありますので、代表的な刻印の意味をあげておきます。

K18/K14/K12など
無垢の金合金製です。Kの後に含有率を数字で刻印してあります。外国製ジュエリーでは、Kが数字の後につく”あとケー”もあります。

GP(ゴールドプレーティング)
金メッキの事です。あわせて金の品位(18、14、12など)も刻印されているはずです。

GF(ゴールドフィルド)
金貼りです。GPと同じく金の品位と一緒に刻印されています。例/K18GF

他にも造幣局の品位証明マークや、天然石の石目(カラット)の刻印などありますが、違うページで書きますね。

上手なジュエリーの選びかた

ジュエリーやアクセサリーの値段は、使う素材の違いが反映されます。”どちらが良くてどちらかが悪い”というものではありませんので誤解しないで下さいね。

天然石や貴金属の方が価格は高くなりますが耐久性はあるので長持ちします。一方、ガラスビーズやメッキのジュエリーは耐久性が落ちますが手軽な価格で買えるのが魅力ですしデザインの豊富さも大きな魅力です。

気軽に普段使いしたいジュエリー?それとも結婚指輪のように永く使いたいジュエリー?

流行を意識したジュエリー?なそれとも定番を選びたい?

目的によって求める素材や価格も違ってくるので、素材と価格の関係を考えて納得の出来るジュエリーを選んで下さいね。

 

 

関連記事

宝石の価値とは

宝石の資産価値とは何か 買うべき資産価値のあるジュエリーとは

宝石の資産価値とは何か 宝石には資産価値があるのでしょうか?将来、売却した時に買… 詳しく見る宝石の資産価値とは何か 買うべき資産価値のあるジュエリーとは

毒入りリング(ポイズンリング)は本当に毒殺に使われたのか?

職業病って確実にありますね。 私の場合は、ジュエリーにまつわる文字が目に入ると、… 詳しく見る毒入りリング(ポイズンリング)は本当に毒殺に使われたのか?

琥珀糖

ふわふわしたパワーストーンの効果を科学的に説明してみたよ。

アメリカ大統領候補者は、選挙選でテレビ演説する時はネクタイの色を視聴者にどういう… 詳しく見るふわふわしたパワーストーンの効果を科学的に説明してみたよ。