七宝と宝石で描く色の世界が美しい東洋のジュエリー3選


宝石の魅力の一つに天然石の作り出す色の美しさがあります。どうしたらこんなに美しい色が出せるのだろうとため息が出てしまいます。
そして色といえば、七宝の色も色石とは別の美しさがあります。中でも透明な釉薬で作る透胎七宝(プリカジュール)は抜ける鮮やかな色と軽さが大きな魅力で、ジュエリーでもよく使われる技法です。

今日は色石と七宝を使ったジュエリーの中から、色石と七宝と使ったハイジュエリーを日本、アジアの作家に絞ってご紹介します。

中嶋邦夫/ in the Garden

中嶋氏のジュエリーはどれも繊細で色美しく世界観が素晴らしいです。モチーフが生き生きとしていて、植物が育ち、動物が生きる風景が目に浮かんできます。

#Magnolia #Brooch #Earrings #Pliqueajour #Conchpearl #Diamond #Enameljewellery #Kunionakajima #InTheGarden

Kunio Nakajimaさん(@kunio.nakajima)がシェアした投稿 –

 

Gimel

ギメルの作品も自然界の色の美しさをモチーフにしたジュエリーを発表しています。天然石のグラデーションは見ているとため息が出るくらい美しいです。

吳竟銍 Wu Ching Chih

台湾のジュエリー作家で、最近知った方なのですが、植物をモチーフにしながら、具象的表現よりも抽象化したジュエリーが多く、有機的色鮮やかな世界観が美しいです。

From the diving voice series #wearableobject #contemporaryart #contemporaryjewelry #enamel #metalsmith #wuchingchih #necklace #jewelry

吳竟銍 Wu Ching Chihさん(@wuchingchih)がシェアした投稿 –

 

今日は日本、アジアの色が美しいジュエリーをご紹介しました!

アイキャッチ画像はPhoto by Sharon Pittaway on Unsplashさんよりお借りしました。

関連記事

七宝と宝石で描く色の世界が美しい東洋のジュエリー3選

宝石の魅力の一つに天然石の作り出す色の美しさがあります。どうしたらこんなに美しい… 詳しく見る七宝と宝石で描く色の世界が美しい東洋のジュエリー3選