フェイスブックとインスタグラムの広告に出てくるジュエリー詐欺サイトを見破る1番簡単な方法


先日のブログで、ジュエリーを楽しむコツとして、材質にこだわらずにデザイン重視で氣に入ったものを買うと書きました。18金じゃなくても、模造石でも氣に入ったのならそれを買いましょうと書いたのですが、それは正しい商品情報の説明があって、納得して買うから楽しめるのであって、表示に嘘偽りがあれば話は別です。
真鍮にメッキしたものなのに18金とうたったり、キュービックジルコニアなのにダイヤモンドとうたうのは詐欺です。

最近フェイスブックとインスタにジュエリーの広告がよく流れて来るのですが、その中に結構詐欺広告があります。詐欺広告に混ざって真っ当なショップさんの広告が流れてくるのですが、氣の毒で仕方がありません。見る人からは一見区別が付きませんから、どれも同じに見えて真っ当なショップの広告も詐欺ショップと同じに見られる可能性があります。そうなったらたまらないので、私は今はSNSの広告は一切使っていません。

ぱっと見では詐欺かどうか見分けにくいのですが、実は簡単に詐欺サイトかどうか見分けるポイントがあります。

ECサイトが本物か詐欺か見分ける簡単な方法

では、実際にフェイスブックで見かけた詐欺サイト広告をご紹介します。

1カラットのダイヤモンド、プラチナpt950を使ったリングが8800円!安い!!!お買い得!!!

なんてあるわけない!!。。。。

買っちゃダメですよ。

限定10個なのにコメント欄には「買いました!」の報告が鈴生り。本当はいくつ売ってるのか?

そして広告をクリックして表示されたサイトはこちら。↓赤線で囲んだURLに注目。

8じゅう8まんえんの打ち間違いかと思ったらやっぱり8せん8ぴゃくえんなんだ。。。

このサイトには詐欺と見破る突っ込みどころが沢山あるのですが、一般の人がすぐに見分けられるポイントが一つあります。

それは、SSLの有無です。

実はこの見破るポイントは永江一石さんがブログで書かれたもので、元ネタはこちらです。↓

詐欺サイトを一発で簡単に見破る方法を確立した話

SSLってなに??と言う方はこの記事に詳しく書いてあるのでお読みくださいね。

なぜSSL化していないECサイトは詐欺だと言い切れるのかというと、

で、ふと思ったわけです。詐欺サイトはいつ検索から外されてもいいと思ってるわけで、犯罪だから誰がやってるのかおおっぴらにはできない。要するにSSL化しているわけないじゃん!と。(永江さんのブログより)

とある様にSSL化すると身元がバレるからなんですね。

確認してみるとこの詐欺サイトのURLからは非SSLサイトだとわかります。

http://~で始まるURLです。

一方SSL化されているサイトだと以下の様に表示されます。

https://~で始まっています。

s(エス)が入っているのがポイント。

SSL化していないECサイトは詐欺と判断して間違いありません。

スマホではどこをみれば確認できるかも永江さんのブログに詳しいのでお読み下さいね。

一部だけSSL化しているECサイトもあるから注意

ショップ全体がSSL化されていればわかりやすいですが、中には注文ボタン押してカートに商品入れたあとの決済ページだけSSL化されているサイトも少なくありません。なので、トップページがSSL化されていないからと言って詐欺サイトと判断するのは尚早です。

つまりSSL化されているか、いないかを見る場所は、

そのECサイトの決済画面

です。

試しに↑このサイトでお買い物してみます。

“カートに入れる”を押して、”ご購入手続きへ進む”を押すと

赤線で囲んだURL見てください。やっぱりSSL化していません。↑

 

それと、

SSL化していないECサイトは詐欺ですが、

だからと言って

SSL化しているECサイトは安心とは言っていません

SSL化していても怪しい商品売っているサイトはあるので注意が必要な事を付け加えておきます。

もう一つの怪しいサイトを見破る方法

この決済画面のSSL化の有無を見る方法は決済まで進めないと判断出来無い手間があります。一方、見た瞬間に怪しいかどうか判断できる方法もあります。それには、ジュエリーのスペックと価格を見比べた瞬間に”これ、おかしいでしょ!”と気づくためのちょっとした知識が必要なのですが、それは下記の記事を読めば誰でも身につける事が出来ます。

フェイスブック、インスタグラムで怪しいジュエリー広告に騙されないためにこれだけは覚えておこう

ネットショッピングで悲しい思いをしない様に、こちらも合わせてお読みくださいね。

詐欺広告に突っ込みを入れた結末報告

さて、先ほどのフェイスブック広告主。ジュエリーの世界で仕事をする者として見過ごす事が出来ないので、コメントしてみました。

本物のダイヤモンドと本当にプラチナなら超超超お買い得!(ありえないけれど。。。)

私「安いですね〜。本物の1カラットダイヤモンドですか?それと、指輪にはどの様に刻印してあるのですか?」

 

返事はあっという間に返ってきました。

詐欺ショップ中の人「はい。1c tのダイヤモンドはp t950の刻印がございます。」

↑なぜc t、p tと間にスペース入れるのだろう?

すかさず

私「なんだか日本語変ですよ。ダイヤモンドの鑑定書は付いていますか?鑑定機関はどこですか?」

とコメントを入れました。

んが、、、

詐欺サイト「しーーーーーん。。。。」

さっきはすぐに返信来たのに今度は待っても返信がありません。。。

・・・

・・・・・・

ちょっと待ちましょうかね。

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

待たせた挙句にコメント削除andブロック!!!

ちょ、、、わかりやすすぎ!!!

そして私のコメントの後に鑑定書について聞いた人のコメントも削除。

よっぽど鑑定書について聞かれるのが嫌な様です。

 

ちなみに ↓インスタグラムの広告はこちら。

永江一石さんからお借りしました。

広告をクリックしてたどり着いた、こちらのサイトでもお買い物してみました。(途中まで)↓

やっぱりこのサイトもSSL化されていないのがわかると思います。

楽しみに買ったものが届いてみたら偽物だった!そんながっかり体験をしない様に、買い物する時はSSL化されているかどうか確認するようにしましょう。

番外編。他の見分けるポイント

1、運営会社をチェック。

詐欺サイトは特商法の表記や会社概要、プライバシーポリシーな無いか内容がいい加減です。そして、ECサイトには必須のキャンセルポリシーも無い一方的に返品交換出来ないと書いてあるかのどちらかです。また、このサイトの店舗写真はどこかの借り物。使っている画像はどこかのショップのCG画像にショップロゴを合成したもの。ショーケースにジュエリーが一個も入っていないじゃないですか。。。住所もデタラメ。Google Mapで確認したらそこは一般住宅でした。

2、お客様の声のチェック

住所が大阪なのに、なんでニューヨークから送られてくんねん!!とツッコミを入れてしまいました。しかも2013年の投稿。極め付けは画像を貼り付けてあるのです。どこかのECサイトからコピーしてきたのでしょう。

とまぁ、他にも突っ込みどころ満載なのですが、皆様には詐欺サイトに引っかからず、楽しいお買い物をして欲しいです。それにはまずカートのSSL化チェック!でお願いします。

記事が役立ちましたらフェイスブックのフォローをよろしくお願いします!

関連記事