CZダイヤモンドの呼び名に注意!本物のダイヤモンドと思い込まないで。


ウォーターサファイアと聞くとサファイアの仲間かと思いませんか?実はウォーターサファイアとはアイオライトの事なのです。この呼び名をフォールスネームと言います。

フォールスネームと正式な名前は紛らわしく、混同してしまっているケースも少なくありません。

某ショッピングモールが独自のガイドラインを設けてからは以前ほどで見かけなくなりましたが、ネットショップでよく見かけるCZダイヤモンドの表記について、本物と勘違いをして買ってしまう人がいるようです。日本ジュエリー協会のサイトでも

天然のダイヤモンド以外はダイヤモンドと表示してはいけません。○○○のところに天然以外を意味する“合成”“シンセティック”“模造”などの接頭語がつくのなら構いませんが、カタカナでもっともらしい接頭語がついていれば、普通の人ならだれでもダイヤモンドと思ってしまいます。よくよく読めば後ろの方に目立たなく間接的に記述されているので、本物のダイヤモンドと言っているわけではないので不当ではないという論法でしょう。うっかり本物と思ってしまう方、そうは思わないまでも鑑別書もつくのだからダイヤモンドに匹敵する綺麗なものだろうと、つられて買われる方は数多くいるでしょう。はなはだ問題のある表示です。表現の仕方によって微妙なところがありますが、契約解除の要件になる場合もあいます。(出典:日本ジュエリー協会)

と注意を促しています。

CZダイヤモンドはキュービックジルコニアの事です。ダイヤモンドを模して作られる人造石なので品質は全て均一ですし、安価で大量に作る事ができるので物質としての価値はありません

ダイヤモンドとCZダイヤモンド(キュービックジルコニアの事。以下CZダイヤモンドで統一します。)は見た目がそっくりと思われていますが、慣れてくれば見た目で何となくどちらか判断出来るようになります。

ダイヤモンドはモース硬度10と硬く、CZダイヤモンドは8~8.5とダイヤモンドと比べて柔らかいです。

そのため、拡大鏡で見比べるとダイヤモンドはカット面の角が極めてシャープなのに対して、CZダイヤモンドは角が甘いのがわかります。この比べ方は

誰でも出来るダイヤモンドとキュービックジルコニアの違いの簡単な見分けかた

に詳しく書きましたので自分で見比べたい方は参考にして下さい。

とは言え、この方法はダイヤモンドとCZダイヤモンドの両方を見比べる事で違いがわかるので、一方しか手元にない場合は一般の人がどちらなのか判断するのは難しいです。

それよりも、紛らわしい謳い文句にうっかり勘違いしないように一般の人に一番知っておいて欲しいのは

宝石の呼び名には正式名とフォールスネームがある事

天然石と人工石の特徴です。

この二つを知って入れば、フォールスネームにだまされそうになっても「あれ?ちょっと待って」と氣がつく事が出来ます。

宝石のフォールスネーム

フォールスネームはある鉱物Aに別の鉱物Bの名前をくっ付けた名前で、AよりBの方が高価な宝石である事が一般的です。

ダイヤモンドの名を付けたフォールスネームをあげると

  • アイリッシュダイヤモンド=アイルランド産の水晶
  • アーカンサスダイヤモンド=アーカンソー(アメリカ)産の水晶
  • アフリカンダイヤモンド=アフリカ産の無色透明なトルマリン
  • アラスカダイヤモンド=アラスカ産の水晶
  • アラスカブラックダイヤモンド=アラスカ産のヘマタイト
  • アルパインダイヤモンド=パイライト

と沢山あって、これはほんの一部です。沢山ありすぎて、○○ダイヤモンドと言うフォールスネームをあげたらそれだけでも記事が一つ書けてしまうほどです。

それほどダイヤモンドは特別な宝石なのですね。

○○ダイヤモンドとうたったジュエリーを買おうかと悩んだ時には、実店舗ならどういう宝石なのかきちんと説明をしてもらって下さい。ネットショップでしたら説明文をしっかり読み、記載が不十分でわからなかったら質問をして下さい

納得して買ったのなら、人造石のジュエリーでも良いのです。天然石だと勘違いして買うのが問題なのです。

天然石共通の、人工石共通の特徴

フォールスネームの存在を知ることの他に、品質の目利きになるために知っておいて欲しい事は、天然石に共通の、人工石に共通の特徴がそれぞれある事です。

まず、人造石はCZダイヤモンドに限らず、機械的に作られるものなので品質が全て同じです。特に天然石には必ずあるインクルージョンは無く、色も均一です。ですから、CZダイヤモンドは”全て”インクルージョンが無く、色も無色です。

一方、ダイヤモンドはじめ、天然石は自然が作ったものなのでインクルージョンが入っているものがほとんどで、全くインクルージョンが認められないピースはとてもグレードが高く希少です。そのため価格も高くなります。

ですから、インクルージョンが全くない無色透明なダイヤモンドジュエリーが、一般的に手が届きやすい価格で売られていたら、それは本物のダイヤモンドではないかもしれないと疑いましょう

最後にCZダイヤモンドの見た目の特徴

下の画像、天然ダイヤモンドとCZダイヤモンド(キュービックジルコニア)のどちらかわかりますか?

答えはCZダイヤモンドです。

青、赤、黄色と虹色の輝きがチラチラと見えますがこれはCZダイヤモンド(キュービックジルコニア)の特徴です。

この虹色はファイアと呼ばれていて、天然ダイヤモンドにも見られるのですが、とっても分かりやすく”いかにも!”という印象のファイアが見えるのはCZダイヤモンド(キュービックジルコニア)の可能性が高いです。天然ダイヤモンドのファイアは言葉でいうのならもっと控えめな光り方をしています。

普段、サイトに載せる写真を自分で撮っているのですが、天然ダイヤモンドを撮るのはとっても苦労しています。なぜならファイアを映り込ませるのがとても難しいのです。
逆にCZダイヤモンド(キュービックジルコニア)だと簡単に撮れるのは、ファイアが分かりやすいからです。この画像もスマホで一発撮りでした。

このように、フォールスネームの存在と天然石と人造石の特徴を知っていると色々な情報に惑わされないようになります。賢いジュエリー選びにお役立て下さいね。

関連記事

宝石はウソをつかない。インクルージョンが語る本当の事

インクルージョンとは宝石の内包物の事ですが、鉱物ならほとんど必ず入っているもので… 詳しく見る宝石はウソをつかない。インクルージョンが語る本当の事

jewely-shop
水晶

宝石とは何なのか?宝石と鉱物、岩石、鉱石との違い。

宝石を手にとって、どんなジュエリーに仕立てようかと考えていると、その宝石が私の手… 詳しく見る宝石とは何なのか?宝石と鉱物、岩石、鉱石との違い。