誤解している人が多いけれど、アクセサリーに人気のシルバー925はスターリングシルバーと同じではありません。

シルバーアクセサリーの品質にも色々

シルバーアクセサリーの良いところは、ゴールドやプラチナより安価なので気軽に買える事と、比重が軽いので大振りなデザインも多く、選ぶ楽しみがある事ではないでしょうか?
シルバーアクセサリーの世界にはまる人が一度は気になるのがシルバー素材の違い。スターリングシルバー、シルバー925、ブリタニアシルバーなどシルバー合金の呼び名は色々ありますが、その違いを正確に把握していますか?

今日は、以外と知られていない、シルバーアクセサリー好きのみなさまに贈るシルバー合金の虎の巻です。

純銀インゴット

シルバー925とスターリングシルバーは違います。

昨日お客様との会話の中で、シルバー925とスターリングシルバーは何が違うの?と質問が出ました。

この答えは、

”スターリングシルバーはシルバー925の一つですが、シルバー925がスターリングシルバーとは限らない”

です。

ちょっとわかりにくいですね。。。

シルバー925とは

銀合金の純度は通常、純銀を1000として合金に含まれる銀の割合を3桁の数字で表示されています。
例えば、シルバー925とは、92.5%の銀と7.5%の他の金属で作られたもので、7.5%の金属は大抵は銅ですが、亜鉛、アルミニウムなどを含むものもあります。

つまり、シルバー925はシルバー含有率が92.5%ですが、残り7.5%の金属の種類は銅とは限らないのです。

スターリングシルバーとは

一方スターリングシルバーは、92.5%の銀と7.5%の銅のみで作られた2元合金の事を言います。

ほかの金属を含む場合、たとえ銀の含有率が92.5%でも”スターリングシルバー”とは名乗れません。

ネット上ではスターリンシルバーもシルバー925も同じとの記載を目にしますがそれは間違いです。

銀合金を作る時に混ぜる金属の事を割金(わりがね)と呼びますが、シルバー925の割金に銅のみが使われている場合だけスターリングシルバーと名乗る事が出来、その他の割金を含む場合はシルバー925と表示しなければ不当表示になってしまいます。(これは日本ジュエリー協会によって定められています。)

なぜスターリングシルバーなの?

では、なぜスターリングシルバーだけ区別されるのでしょうか?

シルバー925を作る際に使われる割金には銅の他にニッケルやアルミニウムがありますが、これらの金属は溶解した際の流動性をよくしたり、硬度を上げるために添加されます。しかも、銅と比べて安価な事も割金として使われる理由の一つです。

一方、スターリングシルバーは割金に使われる金属が銅だけですが、なぜ銅だけが使われるのかと言うと、

時効硬化に優れるという利点があるからです。

時効硬化とは、時間の経過を共に金属が硬くなっていく現象の事ですが、スターリングシルバーは銀と銅が作る結晶の成長が起こり、徐々に硬くなってゆくのです。

アクセサリーでは石を留める爪の様な細かい部分が多くありますが、柔らかい金属だと使用中にうっかりどこかに引っ掛けて爪が曲がってしまい、石が落ちてしまったと言う様なトラブルがおこり得ます。

その点、スターリングシルバーは硬くなるのでアクセサリーに使うシルバー合金の中では実用的なのです。

シルバーアクセサリーを選ぶ時には

ニッケルアレルギーを持つ人なら、シルバーアクセサリーを選ぶ時に使われている銀合金がシルバー925なのかスターリングシルバーなのか確かめるべきだと思います。スターリングシルバー製を選べばニッケルは含んでいないのでアレルギーは起こりません。けれども、冒頭で書いた様に、銅以外の割金を含み、本来シルバー925の表示しか出来ないアクセサリーにもスターリングシルバーの表示がされていないとも限らないので、購入前に金属の配合についてお店に尋ねて下さい。しっかりしたお店であれば答えられるはずです。

アレルギーを持たない人の場合は神経質になる必要はありませんが、スターリングシルバーで作られたアクセサリーは長い間使用する事を考えて作られているとも言えます。ジュエリー、アクセサリーは短時間で使い捨てするものではないので、スターリングシルバーはシルバーアクセサリーに適した素材と言えるのです。

最後に宣伝。笑

イメージ通りのシルバーアクセサリーが見つからない。

手持ちの石をアクセサリーにしたいのだけれどどこに頼めば良いの?

そんな疑問をお持ちの方は力になれると思います。

制作事例ではオーダーメイドの実績を紹介しています。ご覧ください。

 

関連記事