メルカリでジュエリーを買ったら偽物だった!と泣かないために出来る事


メルカリに出品されている沢山のジュエリーやアクセサリー。

次々と見てしまうので、あっという間に時間が経ってしまいます。

でも説明文があいまいな出品も多くて、一般の人は知らずに買って後でトラブルになっていないのかな?と疑問に思いました。

一番多いのが「ゴールド」と書いているだけで無垢の金なのかメッキなのか不明なケース。値段が数千円であればメッキであろうと想像できますが、一万超えてくるとひょっとして無垢なのかな?掘り出し物かも!なーんて思ってしまうのが人情。それを狙った出品もあると思ったのでメルカリでありがちな紛らわしい出品を調べて、トラブルにならないために自分で出来る事をご紹介します。しま

メルカリで買ったジュエリーが偽物とわかったらどうする?

メルカリのユーザーなら誰でも質問も回答もできるQ&Aサービスのメルカリボックスにはジュエリーの偽物を買った購入者のトラブル相談が沢山出てきていました。

内容はほぼ同じで

「メルカリで本物と信じて買ったジュエリーが偽物だった。どうしたらいい?」

というもの。

その答えもほぼ同じで

「受取評価するまえに本物かどうか鑑定してもらいましょう」

というアドバイス。

メルカリでジュエリーを買ったら購入者出品者評価をする前に鑑定するのがメルカリの中では暗黙のルールなのかしら?と思うくらい判を押した様に同じ答えが並んでいます。

私がメルカリをはじめた時は、「購入前にコメントしないで買うとマナー違反」とか「〜様専用」とか独自のルールに戸惑いましたので、これも一種の独自ルールなのかと思ってさらに調べましたがルールと言うものではなく、出品評価してしまった後に偽物とわかっても出来る事が限られてしまうから、評価前に真贋の判定をしましょうねというアドバイスの様です。

と、ここで疑問に思いました。

メルカリボックスに”偽物だった”と書き込む人はどうして偽物とわかったの?それに、評価前に鑑定しましょうとアドバイスしている人はどこで鑑定しなさいと言ってるの?と。

ひょっとして中古品買取サービスや質屋さん???

メルカリで買ったジュエリーをあなたはどこで鑑定するの?

メルカリボックスで「受取評価前に鑑定してください」とアドバイスしている人の中には質屋やブランド買取店で鑑みてもらいましょうと書いている人がいます。さらに「買取してもらいたいので」と言えば見てもらえますとか、「最低2店舗で見てもらえば間違いない」とかまで。。。

でもちょっと待って下さい。

メルカリで買ったジュエリーの真贋を確かめるために安易にプロのお店に行かないで。

質屋さん、中古品買取屋さんは商売のために店舗代を払い、高い鑑別機器を揃え、スタッフを雇っています日々新しい情報を仕入れ、目利きとしての知識と経験を積むための人材育成にも投資しています。
ブランド品や貴金属をその日の相場で買い取る商売をやっているのです。
あなたは自分が買ったものが本物かどうか知りたいだけだから、初めから売る気がない。鑑定の結果、偽物ならもちろん売れませんが、もし本物であっても売らなければ、そのお店には1円の利益も出ないどころか、買取で来たお客様の接客をする機会を逃してしまっているかも知れません。だとしたらお店にとって大きな損失です。
そんなあなたが利用する事はお店にとって迷惑です。売上に1円も貢献しないあなたの「メルカリでお得なお買い物」のためにお店を出しているのではありません。ボランティアではないのです。

厳しい事を書く様ですが、タダで受けられるサービスはないと思いましょう。

ではどうするの?

査定だけでもOKとうたっているお店で見てもらいましょう。

ネットで調べたところ、無料で査定だけでもしてくれる企業がいくつかありました。その様なお店なら「買い取ってもらいたいから」なんて嘘つく必要もなく、氣持ち良く見てもらえます。お近くの店舗を調べて持っていきましょう。

メルカリの偽物撲滅への取り組みの進化に期待!

メルカリも偽物の出品を黙って見ているわけではありません。

偽ブランド品撲滅への5つの取り組みページでは、

長年ブランド品の鑑定業務に携わった鑑定士がカスタマーサポートに複数名在籍しています。質の高いチェック体制で、トラブルに発展する恐れがある取引すべてに目を通しています。 各ブランドの新製品や偽ブランド品の情報を集めて社内で共有したり、社外の勉強会に積極的に参加するなど、常に偽ブランド品を見抜く真贋力を鍛えています。

とあって、鑑定士が取引をチェックしている様です。

けれども、読む限り出品された後にチェックしている様で、本当は出品時にチェックして疑わしきものは出品出来ない様にするのがベストだと思います。

今の時代、ブランド品の真贋評価くらい、スマホで商品の写真を撮れば瞬時に結果を出すシステムとか出来そうな氣がするのですが。。。

・・・と思ったら見つけました。

メルカリではなく、ebayですが

eBay 画像認識技術向上により偽物を検知するシステム構築!?

の記事で

eBayはかなり前から偽物撲滅に向けて取り組んで来ていますが、ここ数年での画像認識技術の向上により、偽物と本物を見分けることが画像データベースを構築することにより可能となってきているようです。(出展:サッツメディア)

とあり、ブランド権利者から提供された情報と出品されるものの特徴が一致するかどうかを画像から判断出来る様になるシステムが2019年中に実用化に向けて動いているようです。

メルカリでも続いて欲しいですね。

メルカリをネットショッップや激安店と同じと思ってはいけない

メルカリは「フリマアプリ」です。

アマゾンや楽天の様なネットショップではないし、ドンキホーテの様な安売り店でもありません。

アマゾン、楽天、ドンキの様な店舗と同じ品質のものが売られているわけではありません。

売られているものは基本的に中古品です。

そのため、売る人は商品情報を詳しく正確に記すのはもちろん、買う方も知識を身につけて自分の身は自分で守りましょう。

心構えとして、メルカリでジュエリーを買う時は、99%偽物と思うくらい疑ってかかってちょうど良いです。、、と書いたけれど誤解しないで欲しいのは、

実際にメルカリで売ってるジュエリーは99%が偽物だと言ってるのではないという事です。

そうではなくて、買う時の心構えとして「先ずは疑ってかかってよ」という事です。

本物の18金のリングであれば結婚指輪の様なシンプルなものでもおよそ3〜5グラムは使っています。金相場は日々変わりますが、このブログを書いている時点で約4000円/グラムです。5グラムなら金の代金だけで20000円するのです。それをわざわざメルカリで安く売る人なんていません。

別れた彼や元夫からもらったジュエリーを売ってしまいたい。買い取り店よりもメルカリの方が高く売れるかも。そんな出品もあるかもしれません。でもそんなケースはほぼレア。掘り出し物を装った出品にご注意を。

では、次回は、誰でもすぐ身につけられるジュエリーの真贋判定知識をお届けしますね。

関連記事