藤巻幸大さんに教えて頂く「クールビズを本当にCOOLに(カッコよく)過ごす方法」


こんにちは。KELENクリエイティブディレクターの前田朋子です。

真面目にプロに撮ってもらいましたよ

いよいよ梅雨明けして夏本場到来!暑い毎日が続きますが、体調崩されてはいませんか?今年は台風が多くて安定しない日が多いですね。私は頭痛持ちなので、低気圧が近づくと偏頭痛を起こすのでお天気が崩れると体調に気を使ってしまいます。でも、最近はトリブタン系の偏頭痛特効薬があるのですごく助かっています。この薬が出来るまではどの薬も効かなくて寝て治すしかありませんでしたからトリブタン様様です。

お天気が良くなると偏頭痛の件はホッとするのですが、今度は身だしなみに気を使う様になります。汗っかきなので夏の外出は汗対策が欠かせません。なるべく涼しい装いをする事と、汗をかいても肌触りが良い事、乾きが早い事を服選びでは気をつけています。あとは制汗剤をまめに使います。打ち合わせなどでお会いする方に汗だくで暑苦しい印象を与えてしまわないように、打ち合わせ場所に予定時間より早く到着して汗が収まってからお会いするようにしています。以前、時間ギリギリに到着してしまって打ち合わせが始まってしばらくはハンカチで汗を吹きながら話すという失敗をしたので、それから気をつけています。

さて、私の話はこのくらいにして、、、、本題はここからです↓

 

クールビズ=クール(涼しい)な機能+クール(かっこいい)なファッション

女性はビジネスの装いを比較的幅広く選ぶ事が出来ますが、男性は基本的にワイシャツとスラックスなので、夏を涼しく過ごすためにビジネスファッションはシャツに気を使うのではないですか?それと、汗でシャツが背中に張り付いているのは見た目が良くないので肌着にも気を使うのではないかと思うのですがどうでしょう?

クールビズが始まって以来、暑い季節になるとノージャケット、ノーネクタイOKなので以前よりも夏が過ごしやすくなっているのかもしれません。真夏の炎天下、ジャケットを羽織り、ネクタイを締めて汗をかいているよりも涼しげで清涼感があるのでクールビズファッションは大賛成です。

せっかくの季節にあったクールビズファッションですから、ジャケットを脱いでネクタイを外しただけでなく、さりげないオシャレを楽しんで欲しいです。そう、Coolの日本語の意味は「涼しい」の他に「かっこいい」もあるんですから。

それには、ジャケットを脱いだ事で目に入る面積が増えたシャツを楽しむのが一番じゃないでしょうか。

私の周りの男性はおしゃれな方が多くて、夏でもビジネスファッションを楽しんでいらっしゃいます。夏のおしゃれのメインはシャツです。最近はクールビス用にシャツのバリエーション豊かなので、襟やボタンホールなどの細部にちょっとこだわりのあるものを選んでますね。女性の目から見てとてもおしゃれですし、清潔感もあって素敵です。

藤巻さん流がおしゃれ!

そうは言っても、いきなり今までと違う物を選ぶとなると、どうしたら良いのかわからない。とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな方には故藤巻幸大さんが書かれた記事「クールビズのポイントはシャツ選び! でも、オシャレしようと思いすぎないこと」がオススメです。ぜひ読んでみて下さい。私も読みましたがとっても共感しました。

クールビズのポイントはシャツ選び! でも、オシャレしようと思いすぎないこと

 

特に共感するのが、藤巻さんのシャツ選びへの姿勢です。

オシャレは、しようと思いすぎないことが大事。極端に濃い色や、ステッチがたくさん入ったもの、日本人には似合わない高い襟のシャツはオススメできないね。シャツは、ベーシックでシンプルなものがいちばんだと思う。(日経bizアカデミーhttp://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120809/319277/?P=2より引用。以下引用も全て同じ)

 

この一文にはとーーーっても共感しました。

いろいろなデザインのシャツが売られていますが、肩に力を入れずにサラッと着こなせるデザインがとても素敵に見えます。

藤巻さんのおっしゃるように、白、薄いブルー、ピンクの3色を基本として、襟まわりのデザイン違いの組み合わせで定番を選ぶと自然で素敵な着こなしに見えますね。そして、次に買うのは白×水色のストライプ。この組み合わせ私も大好きです。

白×水色のストライプのシャツ。清涼感あって素敵です。
白×水色のストライプのシャツ。清涼感あって素敵です。

 

藤巻さんおすすめの「新クールビズ」

それと、藤巻さんが一歩進んですすめているのが小物で涼しさを楽しむ「新クールビズ」です。先ほど紹介した記事の中で「小物で決める!新クールビズ」と題してハンカチや扇子などの小物で涼しげなおしゃれを楽しむコツを紹介されています。

小物ひとつでも爽やかさを印象づけることができるんだよ。

なんでしょう、このほんわかした感じは。藤巻さんの言葉には温かさや優しさが感じるんです。そして、なにより自らオシャレを楽しんでいるのが伝わってきます。

おすすめしている麻のハンカチ。使い心地の良さプラス、見た人に爽やかな印象を与えるからと。周りの人への気遣いも忘れないのがとても藤巻さんらしいです。

そして、シャツや小物を買う時のコツは「商品のストーリーを買う」こととおっしゃっています。

 

日本酒でもお饅頭でも、おいしく飲んだり食べたりするために中身を知ってから買うでしょ。シャツや小物も値段で買わずに、その物や歴史を勉強してから買う癖を付けると、より買い物も楽しめると思うんだ。すべての良い物にはストーリーがある。その商品のストーリーを買う癖を付ける。

 

商品を買う時、ぜひ店員さんにその商品について聞いてみて下さい。素材やデザインの他、どんなストーリーを持った商品なのかわかると愛着が湧きませんか?

藤巻さん曰く、商品を選別する「目利き」になってと。目利きというとハードル高そうに感じられますが、「だれでも目利きになれる」とおっしゃいます。

 これには目利き力(=本当に価値のあるものを見抜く力)が必要になるんだけど、誰でも目利きになれるから。僕の著書『目利き力』(PHPビジネス新書)をぜひ読んでほしい。

 

藤巻さんのご著書「目利き力」ですが、読んでいて楽しく、また、お買い物が楽しくなります。

そして最後に、頑張るビジネスマンにこうエールを送っていらっしゃいます。

 頑張るサラリーマンには、涼しくてオシャレなクールビズを楽しんでほしいね!

 

おしゃれを楽しむビジネスマンが増えると嬉しいです。

 

今日もお読みくださりありがとうございました!

関連記事