18金、14金、10金の違いはなんですか?


18金、14金、10金の違いは、純度の違いです。

純金を24金と言い、それぞれの金含有率は

18金は約75%

14金は58%

10金は41%です。

純金は柔らかすぎてジュエリーに向かないため、硬くするために他の金属を混ぜて合金にします。ですから、上記の3つで一番硬いのは10金です。

また、金に混ぜる金属の違いは色の違いになります。

イエローゴールドとピンクゴールド、ホワイトゴールドなど、金合金でありがなら違う色になるのはそのためです。

KELENへのお問い合わせ