見てみて!このジュエリーなら自慢できること請け合い!カットがレアでカワイイ宝石3選


ジュエリーの主役はなんといってもかわいい宝石たち。「どんなジュエリーを買おうかな」とショップでアレコレ選ぶのは楽しいですよね。偶然「これは♪」と一目惚れする石に出会えたらそのジュエリーはあなたを待っていたのかも。きっとすごく似合うに違いありません!

今日は数ある宝石の中から、カットに特徴のあるかわいい&レアな宝石たちをご紹介します。

かわいい!変わりカットの宝石たち!!

キラキラ光る切子模様が綺麗。甲州貴石切子カット

トップバッターは山梨の熟練職人の手で作られる甲州貴石切子カットです。宝石研磨師の清水幸雄氏と深澤陽一氏の二人の手によって2015年秋に誕生し、今ではお弟子さんに技術を伝えられ、ともに制作されています。

作られてからまだ浅く出来立てホヤホヤのカット。そのため、ジュエリーになって出回っているものもまだ少なく、身につけていたら目を引くこと間違いありません。

このカットは上面のファセットカットと底面の切子カットの組み合わせで出来ています。それぞれ、上面のカットの種類は6種類、底面の切子模様の種類も6種類あって、それぞれの組み合わせで36種類の違う切子模様から選べます。組み合わせ次第でかわいい、クール、清楚などイメージもがらりと変わるのが面白いです。

このカットのほとんどが受注生産で、好みの原石の種類とカットの種類をオーダーしてカットしてもらいます。

切子カットが綺麗に見せるために、使う原石は透明または半透明のものがオススメです。また、切子カットを入れるには適度な硬度が必要で、モース硬度6以上必要です。ピンククォーツ、アメシスト、ブルートパーズ、ペリドット、タンザナイト、など様々な色の宝石がありますから、好きな宝石でオーダーして自分専用を作ることが出来ますよ。

また新しいカットで人気のため近年模倣品が出回っているようですが、カットの品質には大きな差があり、模倣品のほうは切子カットの線が荒く雑ですので、購入の際は底面の切子カットの仕上がりをよくみて下さい。

実物をご紹介します♪

一つ目はミルキーピンクアメシストを使ったもの。白濁感がキャンディーみたいでかわいいんですよ♪

アメシスト(紫水晶)の中で、色が薄くてピンクがかっているものをピンクアメシストと言います。なかでも乳白色のものはミルキーピンクアメシストと言って甘〜い印象が人気なのです。

甲州貴石切子カット・ミルキークォーツ
甲州貴石切子カット・ミルキーアメシスト

二つ目は、タンザナイトをつかったものです。タンザナイトは普通のファセットカットにする場合は色の濃いところを使いますが、これはカットを引き立てるためにあえて薄い色の原石を選んでカットしています。三角形の外形はトリリアントカットと言います。

甲州貴石切子カット・タンザナイト

みっつめは、バイカラースモーキークォーツです。左側はクリアクォーツ、右側がスモーキークォーツのグラデーションになっていて、他の貴石切子と比べてクールなイメージなんです。クールなデザインのリングにするとカッコイイです!

甲州貴石切子カット・バイカラースモーキークォーツ

底面の画像です。切子カットが施されています。

甲州貴石切子カットの底面
甲州貴石切子カットの底面

甲州貴石切子カットの宝石をジュエリーにするとどんなイメージなんでしょうか?

制作ストーリーをこちらで読めます。

↓これは、ご自分で描いたイメージ画から制作した例。

こんなの作りたい!イメージ通りに作ったピンクアメジストのオーダーメイドリング

 

幸せを呼ぶ四つ葉のクローバーインカット♪

次にご紹介するのは「クローバーインカット」です。2016年に登場したばかりの新しいカットですから、甲州貴石切子カットよりも数少ないレアカットです。

真上からみると、真ん中に四つ葉のクローバーが見えるのわかりますか?

クローバーインカット
クローバーインカット/クリアクォーツ

このカットのすごいところは、このクローバー模様をカットの面で表現している所!彫刻やサンドブラストで模様をつけているのではないんです。上面の1面1面と同じように、下面のキューレット部分に面取りカットを施してその角度で模様をつけているんです。

上記の甲州貴石切子カットでご紹介した清水氏の手で作られたカットです。

クローバーのところだけ鏡面磨きをしないで粗めに仕上げることで、このようにハッキリと浮かび上がるように仕上がっています。

微妙な角度でカットする技術が必要なため、このカットができる研磨職人さんも甲州貴石切子同様限られているんです。

甲州貴石切子同様、宝石から選んでオーダーできるので、一つだけの専用デザインジュエリーを作ることが可能ですよ。

雪の結晶!スノーフレークカット

最後は外形が雪の結晶の形をした、その名も”スノーフレークカット”です。

細かいカットの繰り返しで作られた雪の結晶はとても繊細でクールな印象です。このカットも清水氏の手によって作られたもので、画像手前のブルートパーズは直径8ミリ、奥のクリアクォーツは10ミリ。

スノーフレイクカット・ブルートパーズとクリアクォーツ
スノーフレークカット・ブルートパーズ(手前)とクリアクォーツ(奥)

この形を生かして、シンプルなピアスなんて良さそう。一粒で存在感バッチリですよ!

可愛くてレアなカットの宝石は目立つこと間違いなしです♪

甲州貴石カット、クローバーインカット、スノーフレークカット、あなたはどれが好きですか?ここでご紹介した可愛い宝石カットたちは、まだ身につけている人も少ないので目立つこと間違いありません。あなた好みのとっておきジュエリーにぜひこの宝石たちを使ってみて下さいね!

最後にこちらでご紹介した宝石たちの詳しい情報は以下のリンクからご覧下さいね!

ミルキーアメシスト・甲州貴石切子カット11ミリ

バイカラースモーキークォーツ2個ペア/甲州貴石切子

雪の結晶にカットしたブルートパーズ

雪の結晶にカットしたクォーツ

幸せを運ぶ四葉のクローバーカットのクォーツ

関連記事