グランディディエライトの魅力を活かしたプラチナリングを作りました

グランディディエライトのプラチナリング

2017年ごろから人気急上昇中のグランディディエライト。

この宝石の持つサファイヤやタンザナイトとも違う、パライバトルマリンとも違う青色は、青というより碧と書くほうがぴったりな緑がかった青色です。

今回ご紹介するグランディディエライトリングに使ったルースはお客様所有のもの。

「グランディディエライトを使ってリングをつくりたいのですが」

とLINEからメッセージいただいたのが始まりです。

グランディディエライトの碧色が引き立つメレダイヤ王冠リング
グランディディエライトの碧色が引き立つメレダイヤ王冠リング

始まりはLINEから

最近はミネラルフェアが人気で会場には女性の来場者が増えている事が示すように、自分の気に入った宝石を手に入れて、それをジュエリーに仕立てる人が増えているようです。KELENでもルース持ち込みのお客様が増えた事でその傾向を感じています。

さて、

このお客様とのLINEのやりとりの中で、

ダイヤモンドを使いたいとのメッセージがあったので、

デザインで一番大事にするのは“輝き”!と閃きました。

輝きをテーマにと思いついたのは、

このグランディディエライトという宝石に複屈折する特徴があることがきっかけです。

複屈折とは、宝石に入った光が2方向に屈折する事を言います。
複屈折する宝石を新聞や本の上に置くと文字がだぶって見えますが、これがダブリング(2重像現象)と呼ばれる効果です。

ダブリングがみられる宝石は、、光の反射が万華鏡の様に広がっている印象を受けます。その輝きを活かしたデザインをと思ったのです。

ちなみに、グランディディエライトの他にダブリング効果が見られる宝石はジルコンやスフェーンが有名です。

さて、デザインの話しにもどします。

このダブリング効果とダイヤモンドと来たら、“輝きを最大限活かすデザイン”が王道でしょう!と考えて完成したデザインがこちらです。

グランディディエライトリングのデザイン画
グランディディエライトリングのデザイン画

ペアシェイプの形を活かして、メレダイヤモンド を半周取り巻き、そのダイヤをリングの腕(指を通す所)までつなげてすっきりとまとめました。

メインの宝石をダイヤ で囲む場合、ぐるりと1周ダイヤモンドを使うデザインが多いのですが、そうするとフォーマル感が強くなります。

今回のお客様は終始LINEでやり取りをしたので直接お会いしていませんが、おそらく若い方だろうと感じたのと、フルタイムのお仕事をされているのであまりフォーマル感の強いデザインは使いにくいと思ったので、メインの宝石を半周メレダイヤ で囲んで普段使いもしやすいデザインを考えました。

カーブしたV字から直線につながるダイヤモンドは王冠の様にも見えます。

言うなれば、ダイヤモンドの王冠をかぶったグランディディエライト姫でしょうか。

反対側から見るとかなり王冠っぽい。

反対側から見るとメレダイヤ の王冠を被っている様に見えませんか?
反対側から見るとメレダイヤ の王冠を被っている様に見えませんか?

きらきらとした輝きが美しいですね!(手前味噌で恐縮です!)

KELENが使うメレダイヤは全てハイジュエリークラスで使われるグレードですから、普通の光の下でもきらきらと輝きます。

このリングのキラキラ感を動画で見てください♪

毎度の事なのですが、
ジュエリーが完成するたびに、良いのが出来たなぁ〜自分のにしたいなぁ〜と勝手なことを思ってしまう作者です。笑!

さて、

完成後はオリジナルボックスに入れて、ラッピングしてから梱包、発送します。

KELENオリジナルボックスに入れてお届けします♪
KELENオリジナルボックスに入れてお届けします♪

実はラッピングも毎回デザインにあわせてアレンジしているんですよ。

お届け後にお客様からは

ラッピングが素敵で開けた瞬間からわァ❤️って微笑んでしまいました。私の大好きな色合いでした。

リングのデザインの時も本当にピン?と来る感じでした。

と嬉しいメッセージをいただき、

作者冥利に尽きる喜びでした!

配達された箱を開ける瞬間、開けて最初に目に飛び込んでくるもの。その一瞬一瞬も楽しんで頂きたい。その思いでラッピングして我が子(お造りしたジュエリーたち)を送り出しています。

喜んで頂けて本当に嬉しいです♪

ありがとうございます。

______

最近、一般の人が宝石を購入できるミネラルフェアなどのイベントが最近人気なのと比例して、手持ちのルースを使ったジュエリーのご相談が増えています。

手持ちのルースだからこそ、イメージ通りのジュエリーにしたい!と思うことは当然ですよね。

もしKELENのデザインを気に入って頂けたら、ぜひご相談下さい。

お問い合わせはフォームでも、電話でもLINEでも。

お待ちしています。^^

関連記事

真珠のおしゃれを気軽に楽しんで下さいね。

オーダーメイドジュエリーが出来るまで(複数のオーダー同時進行編)

オーダーメイドジュエリーのご依頼から完成までの流れをイメージして頂きやすい様に、… 詳しく見るオーダーメイドジュエリーが出来るまで(複数のオーダー同時進行編)

ドローイング
星座の婚約指輪