ジュエリーに使う素材の違いがわかりません。


ジュエリーに使う貴金属はプラチナ、ゴールド、シルバーが一般的です。

それぞれの違いの一つは価格の違いです。プラチナ、ゴールドに比べて、シルバーは安価なため、価格を抑えて大ぶりなジュエリーを作りたい時に使用します。また、シルバーは他の貴金属と比べて軽いので大ぶりでも重くならない利点があります。

プラチナとゴールドの価格は日々変動していて、1gあたりの価格がプラチナの方が高い時もあれば逆の時もあってどちらが高い安いと一概に言えません。また、18金と10金では含有する金の割合が違うため価格も当然変わってしまいます。そのため、価格の差よりも加工性の違いや色の違いで使い分けると考えて下さい。

KELENへのお問い合わせ